For B3 Students 村松研究室新素材の強度予測に向けた
次世代マルチフィジックス評価システムの創成
Next-generation Multi-physics Evaluation System for Prediction of Characteristics of Innovative Material

FOR B3

ようこそ村松研究室ホームページへ。
村松研究室では、固体力学を基礎として、
金属、高分子、セラミックの複雑現象解明に取り組んでいます。
材料力学や弾塑性力学に興味がある人はもちろん、
シミュレーションや機械学習、量子コンピュータに興味がある人も歓迎します。
私達と一緒に研究しましょう!

村松研究室に入ると、こんな能力が身につきます。

  • 材料工学の知識が身につく!

  • シミュレーション、情報、プログラミングの技術が身につく!

  • 国際的な最先端の研究に携わり、自分の力で活躍できる!

  • 自分で目標を決めて、それに向かって研究を進める能力が身につく!

  • 自分の考え・主張を元に議論する力が身につく!

  • 英語力が身につく!

研究概要

複数の物理現象を通した材料に関するシミュレーション

計算固体力学分野を基礎とし、理論や数値解析技術を統合するマルチフィジックス・マルチスケール解析に関する研究をしています。また、新たなCAE技術の発展・開発や計算と実験との融合にも取り組んでいます。マルチフィジックス・マルチスケール解析では、一般化連続体力学、電気化学、Phase-field法、分子動力学解析など様々な数理モデリング技術を活用し、これらを柔軟に組み合わせて、電子デバイス、構造材料などに発現する複雑な現象を解明しています.

村松研究室の研究(ダイジェスト)

村松研究室の研究(ダイジェスト)

  • 研究室の1年

  • 研究室の1日

非線形固体力学輪講
Nonlinear Solid Mechanics for Finite Element Analysis, Javier Bonet, Richard D. Wood , 2008, Cambridge University Press.を輪読します。

有限要素法輪講
Structural Analysis with the Finite Element Method. Linear Statics: Volume 1: Basis and Solids , Eugenio Oñate , 2009, Springer.を輪読します。

JSCES
多くの人が日本計算工学講演会で発表します。

CMD
多くの人が機械学会計算力学講演会で発表します。

WCCM
World Conference of Computational Mechanics.良い成果は国際会議で発表します。

ECCOMAS
European Community on Computational Methods in Applied Science.良い成果は国際会議で発表します。

キャンパスでの1日

  • 10:00

  • 研究作業

    午前中に大学に来る人はちらほら...研究室に来ると作業が捗るという人は毎日研究室に。

  • 12:15

  • 昼食

    先輩とセブンイレブンにお昼ご飯を買いに!

  • 13:00

  • 研究作業

    研究したり、リモート授業を受けたり、課題をやったり。どうやって課題を解くか相談。先輩が研究室にいれば直接、いないときはチャットかZoomをつないでもらって質問。

  • 15:00

  • 休憩

    研究室のコーヒーお菓子で休憩!

  • 16:30

  • 輪講

    ホワイトボードを使ってみんなで式導出。

  • 18:00

  • 先輩、先生とセブンイレブンで夕ご飯を買ってくるか橘で黙食!雑談。

  • 19:00

  • 帰宅

    以前はこのくらいの時間から泰岡研と飲み始めてた...

  • 24:00

  • 就寝

    睡眠はしっかりとる!

リモートでの1日

  • 8:00

  • 起床、朝食

    リモートの日はゆっくり起きられる!

  • 9:00

  • 研究作業

    朝が1番集中できる!

  • 10:45

  • 大学院先取り授業

    難しいけど頑張るぞ~!

  • 12:15

  • 昼食、昼寝

    リモートの日は家族とご飯

  • 13:00

  • ディスカッション

    眠い時間だけど頑張る!

  • 14:00

  • 研究作業

    ディスカッションを元に研究を進める!

  • 16:30

  • アルバイト(月、金曜日)

    研究の息抜きにもなってる

  • 21:00

  • 帰宅、夕飯、お風呂

    1日の疲れをしっかりとる! 

  • 22:30

  • 遊び

    研究室メンバーと遊ぶことも

  • 24:00

  • 就寝

    睡眠はしっかりとる!

リモート環境での研究活動

リモートでの研究作業が不利にならない環境整備を心掛けています。

  • 週1回の事務連絡 MTG

  • 決定事項は必ず MTG 議事録に残す

  • 細かな情報共有はチャットで

  • image01

    研究作業を進めたら、

  • image02

    先生・先輩と共有されているクラウド上のドキュメントに作業記録をつけます。

  • image03

    作業の方向性が怪しい時や、疑問点がある時には、すぐにチャットで質問したりコメントを貰ったりできます。

  • image04

    テキストだけでは質問・説明が難しい場合は、ビデオミーティングも気軽にセットアップできます。

  • image05

    2週間に一度,研究室全体での進捗発表があります。スライドを用意しない簡易的なものです。

  • image06

    数カ月程度のペースでスライド発表の機会があります。研究室内発表・学事イベント・国内/国際学会などです。

先生からのメッセージ

3年生の皆さん、慶應義塾大学理工学部機械工学科の村松です。ホームページを見に来てくださりありがとうございます。

本研究室の分野は材料力学ですが、2年生、3年生のティモシェンコはりを使った材料力学と直結する研究を行っている人は稀で、多くの人がより高度な固体力学の知識とマルチスケール/マルチフィジックス、最先端情報技術を取り入れた研究を行っています。固体力学や機械学習にはテンソルの知識が大変役に立ち(必須なことも)、応用解析第1でのテンソル演算の復習をすることが必要です。忘れている人は是非研究室に入ってからの春休み輪講で思い出し、身についていなかった人は身につけて頂きたいと思います。苦手意識があっても、身につけたいという意欲があれば心配いりません。先輩がしっかりサポートしてくれます。

数値シミュレーションの研究室ですので、プログラミングを行っていくことになります。既に小学校でもプログラミングが科目に組み込まれ、これから皆さんが社会に出ていくにあたって、プログラミングができる人材かどうかは益々重要になることは間違いありません。数年後には社会人の後輩としてデフォルトでプログラミングを学んできた人材が入ってくる時代になります。本研究室では実験にかかわる研究テーマもいくつかありますが、やはりプログラミング技術を身につける必要があります。言語は何でも構いません。こちらも先輩がしっかりサポートしますので、苦手意識がある人はこの機にどうか身につけて(少なくとも苦手意識を無くして)頂きたいと思います。

英語力もやはり必要です。今の時代は間違いなくグローバルな場に出ていく人材が重宝されます。ただし、村松の考え方は、まずは自分自身の成果や伝えたいことがあって、次に+αとして英語が重要、です。優れた研究であり、伝える気さえあれば、英語力が乏しくても、国際的に認められる例が沢山あるからです。むしろ英語力が優れていても、伝える内容や伝える意欲が無ければ英語力はあまり意味がありません。ただし、文献調査や発信は英語で実施する必要がありますので、全くやらなくて良いというわけではありません。英語はできるに越したことはありませんが、まずは自分自身のしっかりとした成果を持つことが必要、という考えでいます。研究室に入ってから英語に触れる機会が沢山ありますので、その間に苦手な人は苦手意識が徐々に無くなれば良いかと思います。

最後に私が最も重視していることを述べます。多くの皆さんはこれから学部4年生の1年間と修士の2年間の計3年間という、最後の学生生活の大部分の時間を使って卒業研究と修論研究に取り組むと思います。それが学位を取るためだけではあまりに寂しいことだと思います。是非、公にその記録が残る形で研究を実施し、国際的な公刊論文として残していって欲しいと思います。就職したら、定年までの40年間を社会人として過ごしますので、これからの3年間は人生のうちの一瞬です。社会人になれば日々の仕事に忙殺され、もっと勉強しておけばよかったとか、もっと技術を身につけておけばよかったとか思っても、学生時代のように贅沢に使える時間はほぼなくなります。この大変貴重な青春の時間を割くのですから、上述した技術(本研究室であれば、材料、テンソル、プログラミング、英語、自分で考えて物事を進め議論する力)を身につけるとともに、それらを駆使した研究を、世界中の人がネットなどで知ることができる形で公刊論文として残して頂きたいと思います。それが皆さんの青春時代のに力を注いだ努力の証になります。少なくとも、私と研究して頂く全ての人がそうなることを目指しています。一方で、苦しい面だけでなく、その活動の中で、先輩、同級生、後輩、外部の研究者と沢山コミュニケーションを取って、社会に出る前の楽しいコミュニティも作って頂きたいと考えています。3年間通して無駄なく「よく学びよく遊べ」を実行して頂き、社会に羽ばたいて頂きたいと願っています。

このメッセージを読んでくださった皆さんの研究室選びとその後の研究室生活が充実したものになることを祈っています。そして、その中でも村松研を選んで頂き、一緒に研究することができればとても嬉しいことだと思います。

続きを読む...

研究室の先輩からのメッセージ

「材料力学の研究室」と聞くと、紙とペンでのテンソル計算を通して特定の現象の理解を追い求めるようなお堅いイメージをもつでしょうか?実際にそういった研究テーマを楽しむ学生もいる一方で、材料力学そのものよりも画像処理・機械学習のようなコンピュータサイエンス技術との連携に、現象そのものよりも社会での実応用に強い興味をもつ私のような学生もいます。そんな私は、修士課程を修了してIT企業のデータサイエンティスト職に就くと同時に博士課程へ進学していたり、研究の社会実装・事業化を目指す資金へ学生中心で応募して採択されたりしています。村松研は2018年に立ち上がったとても若い研究室で、学生の研究との多様な関わり方を受け入れる素地があります。村松先生は学生の取り組みを受け入れて応援するのはもちろんのこと、見守るだけの立場に終わらず積極的な支援もしてくれます。
【博士1年 平山 健太】

M2の佐竹です。B3の学生が何を基準に研究室選びをするのかもあまり覚えていないのですが、村松研はこわい研究室ではないです。学科首席がいたり外国語が得意なひとがいたり、ダブディグがいたりフィジカルがすごいひとがいたり、レクリエーションを考えるのが得意なひとがいたりします。ぜひ覗いていってみてください。
【修士2年 佐竹 寛】

村松研究室には、コーヒーやお菓子などの気持ちをリフレッシュできるものが常備されています。また、2019年度はみんなでタコ焼きパーティやピザパーティを開催することもありました。気持ちを切り替えやすい環境が整っているので、楽しく勉強や研究に取り組める研究室です。ぜひ一度見学に来てみてください!
【修士2年 平出 和也】

村松研究室HPにアクセスしていただいて、ありがとうございます。村松研究室では、車業界や航空分野などの産業業界で発展性のある材料分野についての研究を行っています。対象は材料分野ですが、プログラミングやコードの知識も多く習得できるため、大きなスキルアップにつなげることができます!
【修士1年 児嶋 佑太】

研究室に配属されるまで材料やプログラミングに対する知識がほとんどなかった僕でも、先生や先輩方の熱心なご指導により、研究を進める力をつけることが出来ました。村松研の研究分野の知識がない学生も、少しでも興味があれば研究室訪問に来てほしいと思います。皆さんに会えるのを楽しみにしています。
【修士1年 佐々木 翔唯】

はじめまして!修士1年の山嵜といいます!村松研は先生と学生の距離が近く気軽に先生や先輩に相談できる環境が整っていると思います。また、コアタイムが存在しないため各々にあったスケジュールで主体的に研究を進めることができます。シミュレーションや機械学習に興味があるという人はぜひ一度見学に来てみてください!
【修士1年 山嵜 祐輔】

村松研究室B4の金澤です。これまで勉強してきて、そもそも計算力学とは?となると思います。私も昨年同じ気持ちでした(笑)何一つわからない状態だったのですが優しい先生、先輩に教えていただきながら研究を進めています。計算力学とは?一体何をしているの?と思った人は是非1度研究室見学に来てみてください!
【学部4年 金澤 祐里奈】

村松研究室のHPに来ていただきありがとうございます。私達の研究室では主に固体力学を基礎とした数値解析や機械学習の研究を行っています。研究室のメンバー同士は仲が良く、研究室生活を楽しく送ることができます。村松研究室に興味を持ってくれた方はぜひ研究室選択の候補に入れてみてください。
【学部4年 本田 理央】

ポリカーボネートの変形に関するシミュレーションの研究を行なっています。私にとって今まで全く勉強してこなかった分野ではじめは学ぶことが沢山ありました。先生や先輩が学び方や考え方を、親切に教えてくださり、分かるようになってきました。村松研に入った暁には、是非一緒に楽しく学べるといいなと思います。
【学部4年 吉村 厚輝】

よくある質問

  • Q研究室訪問をしたいときはどうすればよい?

  • A研究室配属ガイダンス以降の平日の9:00~18:00に村松研究室(25-214)に気軽に来ていただければ先輩が研究室を紹介します。村松先生と話してみたい場合は事前にmuramatsu[a]mech.keio.ac.jp([a]を@に変更してください)に連絡してアポイントメントをとってください。

  • Qコアタイムは?

  • A研究室に絶対にいなければいけない時間はありません。参加義務があるのは、週に一度ずつのミーティング(事務連絡の場)と研究ディスカッション、週2回の輪講です。

  • Qプログラミングの知識はどの程度必要か?使用しているプログラミング言語は?

  • A研究室に入る時点では、プログラミングの知識は全く必要ありません。最初は、先生・先輩方に教わりながら進めることになります。春休みにプログラミングの輪講があります。使用しているプログラミング言語は研究内容によって様々ですが、FORTRAN、Python、C++などが主です。

  • Q英語能力はどの程度必要か?

  • A現時点では大学1、2年生の時に学んだ英語で十分です。研究活動の中で国際文献調査、発表資料準備、論文執筆を通して英語力を身につけます。先生や先輩がサポートしてくれます。

  • Q研究テーマはどのように決めていますか?

  • A先生がいくつかのテーマを提示して下さり、その中から自分の興味に合わせて研究内容を選ぶことが出来ます。提示されたテーマ以外に自分が取り組みたいテーマがある場合は先生が相談に応じてくれます。

  • Q研究以外でのコミュニケーションは?

  • Aコロナ禍前は、飲み会やキャンプ、泰岡研究室との合同合宿等のイベントを開催し、親睦を深めていました。コロナ禍では、オンラインでの飲み会やゲーム会などで親睦を深めています。

  • Q卒業後の進路は?

  • A先輩は企業(日系外資系大企業、スタートアップ)、修士課程・博士課程(慶應、国内外の他大学)、 省庁と様々な進路に進んでいます。起業準備中の先輩もいます。OB会(泰岡研究室と合同)などを通して沢山のつながりを作ることが出来ます。

  • Q協力している研究室はありますか?

  • A村松研究室は泰岡研究室と仲が良く、コロナ禍以前は互い研究室を頻繁に往来し、合同で合宿や飲み会も行っていました。現在も、オンラインで交流会や合同合宿を行っています。また、志澤研究室や田中宗研究室(物理情報工学科)といった研究室とも共同で研究を行っています。

  • Q学会での発表機会はどのくらいありますか?

  • A国内学会(日本計算工学会、機械学会計算力学部門)や国際学会での発表機会があります。コロナ禍以前は実際に現地に赴いて発表を行っていましたが、コロナ禍ではオンラインでの発表が主流です。

  • Q材料力学やコンピュータシミュレーションの基礎の授業を履修していなかったのですが、輪講や研究についていけるでしょうか?

  • A大丈夫です。輪講や研究では先輩や先生がしっかりサポートします。

  • Q他大学との共同研究はありますか?

  • A国内外の大学と共同研究を行っています。定期的に研究打合せを行いますが、コロナ禍では現地打ち合わせができないため、オンラインで議論をします。国際研究の場合は現地時刻に合わせた時間になります。

お問い合わせ

研究のことや研究室訪問など、
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

muramatsu[a]mech.keio.ac.jp([a]を@に変更してください)

ACCESS

居室:25-214、サーバ室:25-215